採用情報RECRUIT

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩社員インタビュー02

【微細をキーワードに 形状を自在に変える 技術を前進させたい】製造部 製造技術開発担当 2014年入社 環境生命科学研究科出身

学生時代に化学系の研究室で微細な粒子について研究していたことから、微細をキーワードに就職活動。
共和産業のホームページで微細な技術「エムメムス®」を知って応募した。

放熱性に優れたセラミックス基板へのめっきのニーズが高く、
ミクロン単位のめっき技術を開発中

製造部 製造技術開発担当

私が担当しているのは「エムメムス®」という、放熱性に優れた微細パターンの成膜技術の開発です。ミクロン単位の細かさで、ニーズに合わせて形状を自在に変えられることから、LED基板を製造するメーカーなどから、とくに注目を浴びています。依頼に合わせて基板の形状を整えるため、様々な成膜技術を用い、めっきで微細パターンを形成します。従来は困難だった素材へのめっき加工も、こうした前処理技術の開発で可能になりました。

私は「エムメムス®」の設計、製造、品質管理、研究といった技術開発全般に関わっています。顧客のニーズを理解したうえで、自社での製造工程に必要な情報を加え、図面を作成。仕上がりについては顕微鏡で拡大し、目標の形状に形成できているか、顧客から求められているレベルを満たしているかなどについて確認します。製造に必要な設備の保全を担うこともあります。

顕微鏡でぎりぎり確認可能という微細な粒子の
形状を変えることができる技術に興味をもつ

製造部 製造技術開発担当

今の仕事は、大学での研究と共通点がありました。顕微鏡でぎりぎり確認可能というレベルの微細な粒子で、しかも形状を変えることができるという素材の研究に取り組んできたので、仕事でも関わりたいと考えていたところに「エムメムス®」の存在を知ったのです。

めっき技術の開発は、実際のオーダーに応える場合と、ニーズを先取りする場合とがあります。最近取り組んでみて大きな成果があったのは、サイズダウンです。工程一つひとつの意義を洗い出し、丁寧に見直し、条件の変更などを試みたところ、従来の5分の1でも形づくることが可能だと判明。何よりも自分の手で「今の限界も、きっと超えられる」という実感を得たのが大きな収穫でした。

顧客からの信頼に応えることで技術力を高め、
開発の目標や意義をつかみ、やりがいにつなげたい

製造部 製造技術開発担当

お取引のある顧客の新しい製品をホームページなどで見ていると、製品のどこに、どのめっき技術がいかされて、どんな機能が実現されているのかわかり、感動があります。また顧客から届く図面の指示から、信頼して任せていただいていると実感でき、意欲が高まることも増えてきました。

共和産業は仕事に集中しやすい職場です。人間関係の悩みが発生しにくいので、技術力を高めることに集中できるのでしょう。大学時代の友人と職場について話をしていると、恵まれた環境にいると感じます。

技術の全般に幅広く、数多く取り組めるようになるのが今後の目標です。製造の課題を解決したり、品質の安定をめざして工夫したり、日々の地道な積み重ねで知識と経験を増やしています。すると以前は見えなかった開発の目標や意義が、ふと見えてくる瞬間があります。そうした成長の喜びが、仕事を成し遂げる原動力にもつながっています。